小平ただまさ

 

 

政権交代で確かな改革を
活動報告
HOME
トップページへ
政策 小平忠正の提言
小平忠正の提言
民主党TOPICS
活動報告
小平忠正の国会レポート
時事思う
フォトギャラリー
小平事務所より
後援会
後援会入会のご案内
後援会各種行事
プロフィール
経歴
選挙区紹介
連絡先
小平事務所へのご案内
ご意見はこちら
このサイトについて
リンク
リンク集
HOME > 活動報告 > 時事思う
活動報告、時事思う 第20回参議院選挙終わる〜峰崎候補3選達成!!
  民主党は2100万票突破!

北海道選挙区候補の応援に駆けつけました
日本の政治〜あなたの「1票」で変えましょう!
>>過去の活動報告
・2004年12月
・2004年11月
・2004年10月
・2004年9月
・2004年8月
・2004年7月
・2004年6月
・2004年5月
・2004年4月
・2004年3月

・2004年2月
・2004年1月

第20回参議院選挙終わる〜峰崎候補3選達成!!民主党は2100万票突破!

第20回参議院選挙が7月11日に投開票され、民主党は12議席増の50議席を獲得し、比例票では2100万票を突破するなど自民党を上回る勝利を実現することができました。期間中、力強いご支援とご協力を賜りました皆様に厚く感謝致します。

北海道においても峰崎直樹氏が堂々の3選を果たし、比例区でも自民党を45万票近く引き離すなど民主党が道民の大きな支持を頂いたことが証明されました。しかし、一方で民主党北海道の比例区重点候補でありました信田邦雄氏が党内20位の得票で次点となってしまいました。

民主党への大きな支持がある中で、信田候補個人の票を拡大できなかったことは今後に向けた課題として真摯に受け止めなければなりません。

今次参議院選挙では、民主党が政権を担い得る政党として国民の認知を受けられるかどうかが問われる選挙でもありましたが、昨年の衆議院選挙に続いて民主党が大きく議席を伸ばしたことは、国民の期待が新たな政権交代に向かっていることを証明しました。

今後の国会において私たち民主党は、年金問題はもとより三位一体改革や郵政民営化など国民を軽視した小泉「改革」の誤りを追及し、イラクや北朝鮮政策では国会を軽視する小泉「外交」の危険性を徹底的に追及してまいります。

平成16年7月12日

小平 忠正

日本の政治〜あなたの「1票」で変えましょう!

比例区候補(北海道地区重点)  北海道選挙区候補
比例区候補(北海道地区重点) 
北海道選挙区候補

第20回参議院選挙も残すところ2日間となりました。マスコミ報道では、私たち民主党が自民党を上回る勢いと言われていますが、この世論調査が選挙の勝利に繋がれば幸いと思います。日本の政治を何とかしたいと願う国民の思いは「投票」という行為でのみ達成できるのであり、政治に対する不信や不満が渦巻く現状を変えるためにも、是非とも7月11日には投票所へ足を運んで下さい。

民主党は過去3回の国政選挙において、着実に議席を増やすとともに、国民の幅広いニーズに応えられる政党へと成長してきました。今次参議院選挙は、その民主党が政権を担い得る政党として国民の認知を受ける重要な選挙であります。

小泉総理が3年間訴え続けてきた「改革」が、実体は先送りと丸投げに象徴されるように言葉だけであることが明白となり、「人生いろいろ」発言やイラク多国籍軍への参加決定経過に見られるような権力の頂点に立ったおごりは、国民の期待を完全に裏切る行為であって決して許されるものではありません。



今、自民党は民主党に対して大々的な中傷攻撃を展開していますが、年金法案の誤りを知りながら強引に成立させたり、国会を無視して総理の独断で何でも決定する政党に他党を中傷する資格はありません。私たちは「まっすぐに、ひたむきに」日本の未来のために訴え続けます。

政権交代でしか安心の未来は築けないことを!

平成16年7月9日

小平忠正

北海道選挙区候補の応援に駆けつけました

北海道選挙区候補の応援に駆けつけました

去る6月30日と7月1日の2日間、民主党公認の北海道選挙区候補が留萌・空知に入り、小平代議士も同行し10区管内を遊説し回りました。特に30日は早朝から雨の中、11ヶ所で街頭演説を行いました。

岩見沢市での個人演説会では立見、会場に入りきれない方を含め700人近い聴衆の前で選挙区候補がその熱い思いを語りました。

小平代議士も選挙区候補への支持を訴え、必勝を目指し頑張っていきます。

平成16年7月2日

衆議院議員小平忠正事務所

トップに戻る
copyright 2003 Kodaira Tadamasa all rights resereved.