小平ただまさ

 

 

 

政権交代で確かな改革を

活動報告

HOME
トップページへ
政策 小平忠正の提言
小平忠正の提言
民主党TOPICS
活動報告
小平忠正の国会レポート
時事思う
フォトギャラリー
小平事務所より
後援会
後援会入会のご案内
後援会各種行事
プロフィール
経歴
選挙区紹介
連絡先
小平事務所へのご案内
ご意見はこちら
このサイトについて
リンク
リンク集
HOME > 活動報告 > 時事思う
時事思う
 
バックナンバー

ごまかしのTPP交渉参加へ反対します

昨日、アメリカとの日米首脳会談において共同声明が発表され、TPPへの交渉参加へ向け、安倍首相はスタートを切りました。

しかし、共同声明の文面をみても、日本が守りたい第一次産業や、国民皆保険制度を聖域化するという内容のものではありません。

これは、自民党が先の総選挙で選挙公約として掲げた内容と大きくかけ離れたものであります。

昨年、政府民主党を自民党は事実と異なる内容で声高に攻撃し、二枚舌と批判しを続けましたが、この状態のまま交渉参加を続ければ、自民党のほうこそ完全な二枚舌であり、明らかな公約違反です。

もし、このまま交渉参加を決定すれば、わが国の守るべきものを確実に守れるという担保は何もありません。

安全保障と日米同盟を理由に交渉参加を肯定する意見もありますが、同盟関係と経済関係を同一に論じ、一方的な従属をせまるような交渉に参加をするのは間違っています。

私はTPP交渉参加には閣議や党の会議、記者会見をはじめ様々な場を通じて一貫して反対を表明し、活動してきました。

私は空知留萌の基幹産業、農業を守るために、民主党北海道第10区総支部長として、引き続き全力で交渉参加阻止のために取り組んでまいります。

 

平成25年2月23日
小平 忠正

 


トップに戻る

copyright 2003 Kodaira Tadamasa all rights resereved.